2017年12月26日

移植から判定まで

更新の間があいてしまい、ごめんなさい<(_ _)>

というのも、移植2日前から風邪をひいてしまい、つい最近まで咳が消えず、
休養につとめていました。


本当は1つ1つ詳細記事をあげていきたいのですが、なるべくコンパクトにまとめて書きたいと思います。
(いつもは、私の戯言が多いだけという・・・w)


【移植日スケジュール】
13:30 受付
14時頃 培養士さんと看護師さんのいる部屋へ呼ばれ、それぞれから説明を受ける
14時半頃 移植開始(副院長先生が移植してくれました)
15時前  移植終了
10分程度ゆっくりしながら準備をし、15時すぎには会計、病院を出る


【移植した胚盤胞、妊娠・出産率について】
5日目4BC f+(f+とb+があって、f+が良い方とのこと) 
分割2日目多核(この日はじめて知りました)
5日目4BCの妊娠率 46〜47%(だった気が)
  〃   の出産率 25%



【移植日の感想・その他】
思ったよりも、妊娠率が高くてビックリしました。
でもその後の出産率は半分になってしまうんだなぁと。
4人に1人に入れたらいいなぁ、入りたい!と思いました。

あと、子宮内・膣内の細菌叢の検査を、研究で任意で勧められ受けました。
良いと妊娠率・出産率もいいそうです(ただし、何かしたところでそんな急には変わらないらしい)


【移植後〜判定日の体調】
全く何もなし。
出血なし、腹痛なし、だるさ・胸の張りなし。
お腹の張りは意識すればあるような・・・・でもほぼなし。
ルティナス入れやすさ・入れにくさも特に何もなし。

BT6から堪えきれずフライング→20〜30分後に薄く陽性

【BT11判定日】
hcg100で陽性判定をもらう
Drへ低くないか質問。→「3ケタあるから合格ラインでしょう」と言われる


【風邪の経過】
移植2日前〜  サワシリン(抗生剤)5日間服用
(子宮内細菌叢の話から、むしろ良いことだったみたい?と看護師さんと話す)
治らず悪化。病院受診するも、「妊娠の可能性あるなら出せる薬はない。様子を見て」と言われる
結局治らず、どんどん悪化。判定日翌日に呼吸器内科受診しようと決意。
判定日に副院長に質問。「辛そうだし、薬も飲んでもいい。」
呼吸器内科で検査。メイアクト(抗生剤)とシムビコート(ステロイドと気管支拡張剤合剤の吸入薬)使用で症状よくなる。



【その他サプリ・生活習慣について】
ビタミンDを移植3日前から現在まで服用。(低AMH、着床、流産防止に良いらしい)
ヨーグルトを移植後、細菌叢改善・風邪改善を目標に毎日1回はとるようにしている
移植後も普通に生活。
当日も11キロの子供を抱っこ紐で抱っこして帰りました(雨予報で仕方なかった)
その後は抱っこ紐封印するも、家では普通に抱っこしています。
お腹の上に乗ってきたときは位置をずらします。
2時間弱、毎日散歩しています。


【現在BT18の体調】
お腹に何かいるような感覚(張り?)が少しある(意識しないとあまりわからない)
若干ムカムカしはじめたような・・・(ただのクリスマスの暴食疑惑?)
少し疲れやすくなったような気がします


【不安なこと】
胎嚢確認後、また心拍確認後、流産してしまうことも結構あるみたい。
特に判定日のhcgがあまり高くないとそうみたい。

私も高くはなかったので心配。


明日、胎嚢確認です。
見えるといいな。

覚悟をしておかなくては、と思う反面、今、頑張っている卵ちゃんを、信じてあげたいという気持ちもあります。
うん、応援しよう。
移植時点では4人に1人が、今は2人に1人になったわけだから、このまま前向きに進めたらと思います。

私も色々と検索をしたけれど、4BCの胚盤胞での出産例、多核胚での出産例はあまり出てきませんでした。

おこがましいけど、将来検索した人が、希望を持てるようなケースになれたらいいな。

というか、まずは自分で自分を鼓舞しなくては・・・!


以上、現時点でのご報告でした。


【2人目移植周期1回目(HR補充5日目5BC AHAあり)の最新記事】
posted by ちゃりん at 22:16 | 東京 ☀ | Comment(1) | 2人目移植周期1回目(HR補充5日目5BC AHAあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。